top.png

東京丸の内ロータリークラブは、中長期的なクラブ方針の下、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組みロータリークラブ活動を通じて、会員一人ひとりがロータリアンとして、持続可能な社会の恒久的な発展に貢献していきます。

 

東京丸の内ロータリークラブのSDGsへの取組み

5.png

①東京丸の内ロータリークラブは、サッカーを通じて、障がいや難病と闘う人たちへの理解と、誰もが平等にチャレンジできる社会づくりを呼び掛ける1Dayマッチイベント「サイレントフット チャレンジド・マッチDAY」に、プロジェクトスポンサーとして参画しています。

 

s1.png
b1.png
b1.png
b2.png
b3.png

②東京丸の内ロータリークラブは、一人ひとりが心のバリアをなくし、誰もが暮らしやすい社会をつくるため、多様な違い等を知る機会として「心のバリアフリー・チャリティセミナー」を開催しています

 

44296003_111293929778992_114375916683840
b1.png
b2.png

③東京丸の内ロータリークラブは、『「読み書き、計算、あるいは意思伝達ができないことは大変な困窮状態であり、安全でない状態を回避する機会がない」といった脅威に対し、「基礎教育を普及させ、その効力を拡大すれば、人間の安全を脅かすほとんどの危険に対して、おおむね強力な予防効果を発揮することができる」(アマルティ・セン)』という命題の下、パキスタンの識字率向上及び基礎教育普及をしている団体・及びNGOの活動を支援しています。

55457281_326332958239566_316923879700719
b4.png
b5.png
b6.png
b2.png

④東京丸の内ロータリークラブは、例会時の食事準備で無駄を出さないように事前予約をお願いしています。また、フードロス問題に取り組むWWFの活動のために1食分/例会回数の寄付を行っています。

 

s4.png
b7.png
b8.png